コンセプト|ふじわら建築設計室は茨城県笠間市周辺で木造住宅、バリアフリーリフォームの設計を行なっています


コンセプト

ふじわら建築設計室はこんなところ

img01
設計事務所は決して敷居が高いところではありません。
ふじわら建築設計室では、代表自らお客様のお話をざっくばらんに伺った上で、家族の立場での経験を含めて、お客様が何を家に求めていらっしゃるか、机上のことでなく現実として考えていきます。
自分の家を建てた経験からも、建築前、建築中、竣工後の生活に至るまで、お客様の立場でお話しさせていただくことができます。

「家を建てたい」「リフォームしたい」そう思ったとき
少し具体的なところでお悩みの方も


是非ふじわら建築設計室へご連絡ください。 最初のご相談は、無料です。新築、リフォームなど家に関すること、まずお話を聞かせてください。
多少なりともアドバイスさせていただきます。お子さま連れでも問題ありません。
お客様のご都合のよい時間に合わせ、対応させていただきます。

ふじわら建築設計室の3つの柱について

安心して始めるために

設計事務所の仕事
トップページでご紹介したように「設計」と「監理」を独立させて行っているのが設計事務所です。
この業務は、住宅建設の際は工務店に依頼しても、住宅メーカーに依頼しても必ず費用として組み込まれている内容で、それ故に、独立させて依頼することへの必要性を理解されにくいという実情があるようです。
そこで、設計事務所はここがいい!
独立していることでよいのは、第三者の立場で、お客様の立場となり、設計から工事までアドバイスでき、施工会社とお客様の間に立って話ができるということです。
ー設計ー
施工側の不都合、利益などに関してしがらみのないところでまとめることが
できます。また、カタログに並んでいる既製品から、色や機能、形だけを基準に
選んで組み合わせるのではなく、素材のわかる材料一つ一つから、ご希望に沿っ
たものを設計に織り込み、作り込んでいくことができます。
家具なども同様で、例えば、家具屋さんで買ってきて置くのではなく、最初から
用途を考えプランに組み込むことで、建物の一部として施工することが可能にな
ります。地震で転倒することもありませんね。
ー監理ー
施工に関しての適正価格の判断、施工見積もりの細かい調整、また現場で判断が必要になった時など、直接施工会社相手では、一般の方が同じ土俵でお話しするのは難しいところです。
設計事務所はその間に立ち、円滑に工事が進むようお手伝いすることができます。

楽しくつくっていくために

img05
家は 「買う」のではなく、「つくる」もの。カタログから選んで建てるだけでは、もったいない。
また、多くの方にとっては一生に一度の大きな体験。やりなおすということもそう簡単にはできません。
ご自分の家です。他にはない、自分の生活に合った家をつくりましょう。
そして、家づくりというその大きな体験の過程も一緒に楽しみましょう。 自分と家族の変化にも飽きないでずっと付き合っていってくれる、そんな味のある相棒になってくれる家をつくっていきましょう。

気持ちよく住み続けるために

木の温もりの中で過ごす
img06
木板張りの壁と、石膏ボードにビニールクロスを貼った壁。触って比べてみてください。
無垢の木と、木の模様がプリントされた合板をじっと見比べてみてください。
この柱で立っているんだという壁、木造なのに木の材料が見えない壁。見比べてみてください。
無垢の木で囲まれた部屋と、無機質の部屋それぞれで、会話をしてみてください。音の聞こえ方はどうですか。
「木」の家に入ってくるときっとさわやかな気分になります。どうしてでしょう。
木の家には私たちの心を穏やかにするたくさんの要素が詰まっています。
心が穏やかになる、つまり健康的な生活を送れるやさしい環境にいられるということです。

手を入れながら過ごす
img07
材料が見える家からは、素直にSOSが伝わってきます。
住んでいる人間も傷んでいるところをほうっておけず手をいれたくなります。
悪くなる前に、いつでも検査して修正してあげることができる。
木の家にはそんな安心感があります。
設備も重要だけど...
設備は10年~20年で寿命がくるもの。 建物はそれでは困ります。 家を建てる基準を設備の便利さに重点を置き過ぎないようしたいものです。

生活が変化しても過ごせる
img08
なかなか難しいのは、将来を想像すること。子供は成長し、親は老いていきます。
どんな変化がおきるのかある程度の可能性は加味した上で、それに対応できる設計が必要となってくるでしょう。

このページの先頭へ